【国仲涼子に学ぶ】モテ男と結婚する決め手とは?モテる理由 魅力 性格

向井理さんは『結婚したい芸能人』で人気ナンバー1の常連。そんなモテ男に結婚を決意させた決め手とは何なのかと思い、『モテる理由』をまとめてみました。妊娠 出産 性別 向井理 嫁 奥さん

 

かねてから交際の噂のあった向井理さんとの結婚報道のあった『国仲涼子さん』

 

 

 

俳優の向井理(32)が女優の国仲涼子(35)と結婚することが20日、分かった。来月、婚姻届を提出する。挙式・披露宴は未定という。

向井の好きなタイプは「三歩下がって付いてきてくれる女性」。国仲は控えめな性格で知られ、周囲は「お似合いのカップル」と声をそろえる。具体的な日取りが決まってから正式発表する意向。どのように幸せを報告してくれるのか楽しみだ。
出典 Yahoo!ニュース – 向井&国仲「2年前にも結婚話」 実現しなかった理由は… (スポニチアネックス)

 

向井さんは『結婚したい芸能人』で人気ナンバー1の常連。そんなモテ男に結婚を決意させた決め手とは何なのかと思い、『モテる理由』をまとめてみました。

 

 

 

国仲涼子さん

 

 

 

本名
國仲 涼子

生年月日
1979年6月9日(35歳)

出生地
日本の旗 日本・沖縄県那覇市

血液型
B型

 

【まずは人柄から】

 

◎活発な努力家

 

 

 

3人兄弟の長女で、妹と弟がいる。
小さい頃は、活発で色も黒くショートカットで、男の子に間違えられるような女の子だった。習い事は、そろばん、習字、バドミントン。
中学校では3年間陸上部の短距離ランナー。高校は商業科に進み、単位を取るため様々な検定を受けつつ、ぜんざい屋のアルバイトを3年間続ける。
出典 国仲涼子 – Wikipedia

 

◎天真爛漫、一途

 

 

 

国仲自身、『ちゅらさん』の「恵里」を素に近い存在であり「もう一人の私」であると語っていた。

 

『恵里』の性格は、

基本的な性格は天真爛漫で楽天家かつ天然ボケ。突拍子のないことでも、やると決めたことは必ず行動に移す猪突猛進な一面も持ち合わせている。やると決めたことに関する集中力があり、無理だと言われていた高校へ合格した。

何か壁にぶつかったとき以外は明るく振舞い、その性格で人を元気付けたりすることもあるが、反面悪気は無いものの、時に他者への配慮に欠ける部分もある。

叱られたりしてよく謝ることが多い。しまいには看護婦をやめようとする後輩を説得しようとして逆に自分が説教されてしまうという一幕もあった。

そんな恵里が自分に似ているという国仲さんの自己分析である。

 

◎家庭的なしっかり者

 

 

 

スーパーのタイムセールを狙って買い物に行くなど、倹約家な一面も持つ。

 

【世間の声】

 

◎Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎yahoo知恵袋

 

あなたが思う国仲涼子さんの魅力とは何ですか?

 

何よりあの、太陽のような笑顔です。

 

笑顔がとてもキュートで、聡明さが顔に出てると思う。

 

笑顔です。スマイルオブザイヤーも取りましたし。

 

私は、国仲さんの笑顔が何より大好きです!

 

『国仲涼子=笑顔』ですよね。あの、太陽のような笑顔を見るだけで幸せな気持ちになれます。

 

 

 

⇒ビジュアルが綺麗、かわいいという事にくわえ、性格、人柄の『やさしい、清潔感、控えめ』という声が多い。

 

そして『笑顔』という声が圧倒的でした。

 

【結論】

 

『笑顔で惹きつけ、モテ男の好きなタイプを知り、そのタイプに近づいていく』

 

 

 

 

 

このツイートからもわかるように、

『向井理の好きなタイプの性格≒国仲さんの性格』

だったから、共演がきっかけで自然に向井さんは惹かれっていったのではないでしょうか?

そのままの国仲さんの性格が向井さんのタイプだったのでしょうから、この二人はまさに運命の出会い。

しかし、現実はそうそうない『運命の出会い』

それを運命の出会いにするには、まずは【魅力的な笑顔】であなたを知ってもらい、【あなた自身を気になるモテ男のタイプに近づける】努力が必要ではないでしょうか?

それこそが歩み寄るということではないでしょうか?

当たり前と言われるかもしれませんが、ではそれをできているかと言ったら、できている人はとても少ないんでは??

あなたの恋の成就をお祈り申し上げ、このまとめをしめさせていただきます(^^)

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました