【リクルートカードは電子マネーチャージでポイント最強クレカ説】は本当?

クレジットカード

2021年版【リクルートカードは電子マネーチャージでポイントが付く最強クレジットカード説】本当にお得?!7年使い続けた私が本当のメリット、デメリット、口コミ、評判、解約方法、キャンペーン、感想をわかりやすく検証解説します! リクルートカードは電子マネーのチャージに最適なクレジットカードなのかに特化してまとめます。

「 電子マネーへのチャージ、クレジットカード、ポイント」や「お得、クレジットカード」や「おすすめ、クレジットカード」や「高還元率 クレジットカード」と検索すると必ず候補に挙がるリクルートカード。でも、リクルートってあの就職関連のリクルート?本当に大丈夫?本当に高還元なの?他には電子マネーのチャージでポイントが付くカードないの?ネットには出てこないデメリットや欠点、落とし穴はないの?と考えてしまうかもしれません。 
このページにたどり着いたあなたもそんな一人ではないでしょうか?

そんなあなたに向けて「電子マネーチャージへのポイントがつくクレカを調べ続け、その結果5年間リアルにリクルートカードを使い続けた」SPLCsブログ管理人の私が、リクルートカードの本当のメリット、デメリット、口コミ、評判、解約方法、キャンペーン、感想をわかりやすく検証解説します。

まずは結論から

楽天edy、nanaco、suica 、SMART ICOCA、 au WALLETユーザーには 【リクルートカードは電子マネーチャージでポイントが付く最強クレジットカード説】は本当!!
リクルートカードは強くオススメできるクレジットカードです!!

それではリクルートカードとはどんなクレジットカードなのか、まずはオススメできるポイントから。

リクルートカードをオススメできる理由

  • 【複数電子マネーチャージに強い】特定の電子マネ-チャージだけにポイント付与するカードがほとんどの中、楽天edyやnanacoなど複数の電子マネーチャージにもポイント付与してくれる。
  • 【ポイントを使いやすいローソンやシェル石油で使えるPontaポイントに簡単に交換でき利用しやすい。
  • 【最高レベル還元率】還元率1.2%は年会費無料クレジットカードとしては最高レベルの高還元率。
  • 【裏ワザ】市県民税、自動車税など高額な税金、公共料金も1.2%還元される(セブンイレブンでnanaco払いする。)

電子マネーチャージ用のみでなく、1.2%の還元率は年会費無料クレカでは最高クラス。たまるポイントもローソン、昭和シェルで使えるPontaなのでメインカードとしてもオススメできます♪

それでは今回の争点、「リクルートカードは電子マネーのチャージに最適なクレジットカードなのか 」についてまとめていきましょう!

リクルートカード電子マネーチャージでポイント最強クレカ説を検証

リクルートカードは主要電子マネーのチャージでポイントが1.2%確実につく

「主要電子マネーで1.2%の高還元」
私が今もリクルートカードを使い続けている最大の理由がこれです。私が主に使う電子マネーは楽天edy、nanaco、suicaです。理由は利用できる店舗が多いから。
クレカも電子マネーもポイントサイトも、多くの種類を利用しすぎると面倒くさくなったりポイントがたまっているのを忘れて結局使えなかったり、結果めんどくさい、手間がかかるだけになるのでなるべくそれぞれ3つずつくらいにまとめるのが結果的に得できるのではないかと思います。私のモットー「お得、時短」のために意識してるのは 「基本無料か」 「簡単か、楽か、面倒くさくないか」その結果、選び出した電子マネーは楽天edy、nanaco、suicaの3つとなりました。

ちなみに「お得、時短」を追求して私の選択したそれぞれのTOP3は以下の通り。こちらについてもなぜそれを選んだかを、またの機会に投稿したいと思います。
◆クレジットカード
マイレージプラスカード、リクルートカードイオンセレクトカード
電子マネー
楽天edy、nanaco、suica
ポイントサイト
ハピタス、LINEショッピング、モッピー

得するチャージ方法はクレカ一択

私は電子マネーが出始めの頃から使っていますが、電子マネーのチャージの方法は銀行口座から、レジにて現金で、そしてクレジットカードからの3パターン。 電子マネーを使う多くの方は「お得」や「節約」や「キャンペーン」を意識されてる方が多いと思いますし、小銭を払わなくていいその「手軽さ」が利点だと思います。その利点を最大限に生かせるのが「クレジットカードからのチャージ」です。

チャージはポイントが付かない場合多い

しかし、ほとんどのクレジットカードが「電子マネーへのチャージ分はクレジットカードのポイントにならない」事をご存じでない方が多いと思います。私もそのひとりでした。。。

だからこそ、楽天edy、nanacoなどの電子マネーを利用する方には「 電子マネーへのチャージ分はクレジットカードのポイントになる 」カードを使わなきゃ絶対損します。大事なことなんでもう一度言います。

「絶対損します!!」

リクルートカードならチャージでも確実に1.2%の高還元

リクルートカードは毎月3万円までの電子マネーチャージ分に1.2%のポイントを還元してくれます。例えば毎月3万円の電子マネーを使う場合、1ヶ月で30000×1.2%=360円、1年なら360円×12=4320円、10年なら43200円となります。
また、リクルートカードはVISA(かMaster)とJCBの二枚持ちが可能です。それぞれに毎月3万円までの電子マネーのチャージでポイントがつきますので、二枚持ちなら毎月6万円までの電子マネーチャージに1.2%のポイントがつきます。(リクルートカードさんに確認済み)
VISA(Master)とJCBではチャージでポイントがつく電子マネーブランドが異なるため注意が必要。

リクルートカードブランドごとのチャージポイントのつく電子マネー
VISA(Master) →  楽天Edy、 nanaco、 Suica、 SMART ICOCA、 au WALLET
JCB →  nanaco、 Suica

他のカードと比較してみた

それでは 主要な「 電子マネー(前払い型)へのチャージ金額がクレジットカードのポイントになる 」カード は何があるのか見てみましょう。

カード名対応マネー還元率たまるポイント年会費公式サイト 
リクルートカード複数(上記)1.2%リクルートポイント
(Ponta)
無料公式HP 
楽天カード楽天edy0.5%Rポイント無料公式HP 
ビックカメラSuicaカードSuica1.0%ビックカメラポイント515円公式HP  
イオンカードセレクトWAON0.5%WAONポイント無料公式HP 
セブンカードプラスnanaco0.5%nanacoポイント500円公式HP 

※還元率の数字はチャージでの付与分のみ。電子マネー利用でそれぞれのポイントが付与される場合もあり。

WAONをメインで使ってる方はイオンカードセレクト一択。(リクルートカードではWAONチャージでポイントつかない)

それ以外の方はやはりリクルートカードが複数電子マネーで最高還元率ですね!

私がこの数年間、 電子マネーへのチャージ分はクレジットカードのポイントになるクレジットカードを検索、検証し続けた結果、その結論をいかにまとめます。

最後に結論

リクルートカードは安定してポイントがついてきた実績がある
リクルートカードはこの5年間は安定して電子マネーのチャージで最高還元率1.2%ポイントが付き続けている。しかも楽天edy、nanaco、suicaなど主要電子マネー全てでチャージでポイントが付く。このカードのみ持っておけば面倒くさくなく取りこぼしなし!

他カードは特化型ばかりで面倒くさく取り逃しが多い
リクルートカード以外の電子マネーチャージでポイントの付くクレカはこの電子マネーにはこのカードという特化型ばかり。たまにでてくるリクルートカードのような万能型もあるが、チャージでポイントが付かなくなったり改変多い。現在万能型はリクルートカード一択。

本ブログのテーマ「簡単でお得」にそうと 電子マネーのチャージで楽に得したいあなたは【リクルートカード】を選ぶのがBESTです!早めにつくって得しましょう(*^^)v

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました